MENU

過去に支払いが遅延したことのある方は注意

楽天ANAマイレージクラブカードの審査は厳しいの?

楽天とANAのカードは良さそうだと思っている方でも、審査は厳しくないのかと不安に思っている方もいるでしょう。そこで今回は、その審査について言及していきたいと思います。難易度が高ければ他のカードを考えても良いですし、大丈夫そうであれば早速申し込みに行っても良いでしょう。

 

比較的入手しやすいカードだが、過去の履歴には注意

他のカードと比べると、楽天ANAマイレージクラブカードは敷居が低いカードと言えます。家族カードなら高校生でも持てるのですから、さほど心配する必要はなさそうです。しかし、唯一気を付けなければならないと言うならば、過去の履歴次第なところがあるでしょうか。これはどのクレジットカードでも同じですが、過去に荒い使い方をしていたり、ブラックリストに載るようなことをしていてはもちろん審査には通りにくくなります。しかもその過去は払しょくできませんから、自業自得というに尽きます。

 

また、任意整理や自己破産の経験がある方もカードが作れない可能性があります。債務整理から7年が経っていれば信用情報がキレイになるのですが、それ以外では厳しいと思った方が良いでしょう。

 

初めてカードを作るにはうってつけ?

では、過去の履歴を確かめようにもそれができない、カードを作るのが初めてだという方はどうでしょう。このような方は、ほぼ年齢に関係なくカードを作れます。問題となるのはただ一点、クレジットカードでのトラブルがなくても、携帯会社への電話料金支払いに関して遅延してしまうことが多かった方です。携帯を何度か止められた経験があるとう方はそれが後々このような形で信用がないと判断されるケースもあるのでご注意ください。

 

その他カードが作りにくい方

過去の履歴や携帯会社への料金支払いの遅れなどがあると不利だと述べましたが、それ以外にも不利となる方はいます。例えば、クレジットカードを10枚以上持っているという方や、住宅や車などのローンの返済が遅れている方、他のクレジットカードの審査に、期間内に3つ以上落ちている方などです。このあたりもチェックされると思っておいた方が良いでしょう。ただ、審査を受けるのは自由なので受けるだけ受けるのもアリですね。

 

まとめ

なんだか脅すようなことばかり書いてしまいましたが、きちんと支払うべきお金を支払うべきところへ支払うべき期日までに支払っている方ならまず問題はないと言えるでしょう。とにかく過去のことは調べられるので、何かあればそれが自分に返ってきます。特に何もない方は安心してもらって構いません。そこまで審査が厳しいカードではないので、気軽に持てるようになると思います。