MENU

子どものお金を管理する時にも有効に使える!

楽天ANAマイレージクラブカードには家族カードはあるの?

所帯を持つ方にとっては、家族カードがあると便利ですよね。生計を共にする家族がいるなら、特典があるのでお得ですし、将来の子どものためにも考えておきたいものです。今は自分だけが持つカードでも良いのですが、後々家族カードに申し込みたいというのであれば楽天ANAマイレージクラブカードでできるのかを見ていきましょう。

 

家族カードはネットから申し込める

結論から言うと、楽天ANAマイレージクラブカードには家族カードがあります。よって、申し込みたい時に申し込めば簡単にゲットできます。申し込み方法はネットからが一番簡単ではないでしょうか。

 

家族カードを持てる人の条件

家族カードを持つことができるのは、生計を同一にする配偶者と親、そして高校生ではない18歳以上の子どもが申し込み可能になります。こちらは年会費が無料なのが嬉しいところですね。本会員カードが1枚あれば、そこから家族カードは最大5枚発行可能と多いのも評価に値するところでしょう。

 

メリットとデメリットは?

毎月の引き落としは本会員の口座からとなるので、もし5枚作ったのならそらなりに用意をしておきましょう。このような準備を怠らないようにしないと後々面倒です。ただ、しっかりと準備しておけば、子どもが何にお金を使ったかがはっきりわかって管理がしやすいというメリットもありますね。でも、逆に本会員が夫で、妻が何を買ったかを夫に知られたくないという場合にはデメリットにもなりえるため、家族カードを作る際には話し合いが必要です。

 

家族カードまとめ

ネットから簡単に申し込める家族カード。最大5枚も作れるのは家族が多くてもかなりの世帯がそれで十分ではないでしょうか。子どもが社会人の仲間入りを果たした時、カードを持たせるのはいいけれど、始めのうちはまだまだ管理をしっかりしてサポートしていきたいという場合にも使えます。年会費無料というのも入りやすいですよね。たとえカードが5枚あっても、引き落としは1つの口座からなので家計簿が付けやすいというメリットも出てきます。家族で使おうという結論が出たなら、楽天ANAマイレージクラブカードでも家族カードは使えることを覚えておいてください。